ポリエステル、キュプラ…その他いろいろありますね。よく聞くけど実は知らないいろんな生地の特徴について調べてみました♪

衣類にはいろいろな生地が使われていますよね。

ポリエステル、キュプラ、綿、麻、ポリウレタン、レーヨンなどなど…。

 

でも、いつも耳にするから知っているようで実は知らない。

そんな生地の特徴をまとめてみました(^^)/

 

キュプラの生地の特徴

1.吸湿性・放湿性がある
2.静電気が起きにくい
3.やわらかくしなやかで、ドレープ性がある

キュプラのデメリットとして「摩擦に弱く毛羽立ちやすい」ことがあげられ、水洗いができないことがほとんどです。

 

ポリウレタンの生地の特徴

ポリウレタンは、1940年頃ドイツで開発された、5~10倍の伸縮性を持つゴムのような繊維です。
一般的に「スパンデックス」と呼ばれており、水着やスポーツウエア、靴下、下着などに幅広く用いられています。5~10倍もの伸縮性のある合成繊維です。

1.ゴムのような伸縮性がある。
2.天然ゴムと異なり、染色性がある。
3.温度や湿度の急激な変化にあっても、素材性能は安定している。
4.塩素や光、カビなどにより脆化することがある。

 

ポリエステルの生地の特徴

1.安価
2.耐久性が良い
3.シワになりにくい
4.乾きやすい
5.低温ならアイロンの温度にも耐えられるため、シワができてもアイロンでケアできる
といった点がメリットとしてあげられます。

現在では生産されている衣服の繊維の約半数がポリエステルともいわれているそうです。

 

レーヨンの生地の特徴

レーヨン (rayon) は絹に似せて作った再生繊維です。
絹に似た光沢・手触りが特徴で洋服の裏地などに用いられます。

特徴は

1.肌触りがなめらかである。
2.吸湿、放湿性がよい。
3.光沢があり美しい。
4.熱に強い。
5.静電気を起こしにくい。
6.着用地に擦れると白色化しやすい。
7.濡れると強度が1/3に低下する。
8.水ジミができやすい。
9.洗濯で縮みやすい。

お洗濯はしない方が良いですね。

タイトルとURLをコピーしました