ノリタケ ブランド陶器 食器 意外と知らない真実 歴史 種類と特徴 これを知ると欲しくなるかも!?

 

ノリタケ という陶器ブランドとは?

 

ノリタケ 聞いたことはありますか?

 

あの、高級食器類の・・・。

そうです。しかし、それだけではないようです。

ご紹介しましょう♪

 

 

会社名:株式会社ノリタケカンパニーリミテド

事業内容:

ノリタケグループは、セラミックスの製造技術を様々に応用・発展させた4つの事業を展開しています。
研削砥石やダイヤモンド工具で産業界を支える工業機材事業、セラミックスの原材料を様々な製造業に供給するセラミック・マテリアル事業、製造設備や技術を開発・提案するエンジニアリング事業、豊かな食卓を演出する食器事業

 

歴史:

1904年 (明治37年) 日本陶器(名)創立

2004年 (16年) 創立100周年

2000年 (12年)(株)ノリタケ伊万里と(株)ノリタケ九陶を統合し日本陶器(株)設立 (食器製造)

沿革|会社概要 | 株式会社ノリタケカンパニーリミテド
ノリタケグループ公式サイトです。食器の製造技術で培った独自のコア技術を磨き、研削・研磨工具、セラミック原料や電子ペーストなどの部材、加熱、混錬などの製造装置を提供し、近年は、太陽電池など環境エネルギーを支える技術を開発しています。

 

国内・海外に多く営業拠点・事業所を置くようだ。

 

へぇーいろいろしてるんだね。知らなかった!

 

 

 

食器事業

ノリタケの食器は確かな品質と感性豊かなデザインで、世界中で愛されています。

ノリタケ食器オフィシャルサイト|公式通販
「ノリタケ食器」オフィシャルサイト&オンラインショップ。世界中のホテルやレストランで一流シェフが愛用する洋食器の世界ブランド。会員特典・ブランドオリジナル包装。 新商品・数量限定品・イベント情報もご紹介。カップやマグカップなど、引出物や各種ギフトにも。
ブランドコンセプト

ノリタケの「約束」。眺めてください。触れてください。使ってください。ただ目をひくためだけの、ただ斬新さを求めるだけの装飾はそこにはありません。そこにはノリタケがじっくりと育て上げてきた美しさと技術へのリスペクトが込められています。持つことに、よろこびを感じていただけること。使うことに、満足を感じていただけること。そして愛着というさらなる価値を感じていただけること。これこそがノリタケが創業以来、大切にしてきた、お客さまへの「約束」なのです。

 

 

 

 

少しずつ買い足し集めていくのは、洋食器のたのしみ方のひとつですよねーー。

 

ノリタケが提案する洋食器の選び方や揃え方

食器の選び方・揃え方[洋食器の基本セット]

 

●ディナー皿(27cm程度のプレート)
メインディッシュ用のプレートです。フォーマルな食卓ではサービスプレートとして使われることもあり、最近では30cm程度の大きいサイズのものも使われています。カトラリー(ナイフ&フォークなどの金属食器)などもこのディナー皿に合わせやすいサイズになっているため、最初にそろえたいアイテムです。

●サラダ皿(21cm程度のプレート)
サラダやデザート用のプレートです。日本の食卓ではライス用にも、また一人用の盛り皿、取り分け皿としても重宝します。

●パン皿(16~18cm程度のプレート)
小さ目のケーキやパン、さらには取り分け用まで使い勝手のよい便利なサイズです。
※パン皿のかわりにスープ皿やシリアルボウルを組み合わせる場合もあります。

●カップ&ソーサー
コーヒーや紅茶といったあたたかい飲み物用のカップとその受け皿です。飲み物の種類にあわせて、サイズや形状のバリエーションがありますが、日本ではコーヒー・紅茶兼用のカップ&ソーサーが多く普及しています。

 

 

とはいえ、日本の食卓に並ぶのは必ずしも洋食ばかりではなく、和食はもちろん中華やパスタ、カレー、など、多岐にわたっています。そんな毎日の食卓に使いやすい食器はやはりシンプルで機能的な食器。次項では普段使いとしての食器選びのコツをご紹介します。

 

 

食器の選び方・揃え方[実用の食器選び]日々の食卓に活躍する食器

 

 

日本の食卓に並ぶメニューは和食や洋食はもちろん、中華やパスタ、カレーなど、大変多岐にわたっています。そんな毎日の食卓に使いやすい食器はやはりシンプルで機能的な食器です。ここでは普段使いとしての食器選びのポイントをいくつかご紹介します。

 

●大小2種類のプレート
25~27cm程度と18~21㎝程度、大小2種類のプレートを家族の人数分揃えておくと便利です。大きめのサイズはワンプレートに盛り合わせたい朝食やメイン料理の一人用皿としてはもちろん、盛り皿としても使いやすいサイズです。小さ目サイズのプレートはデザート皿として、また盛る・取るスタイルの日常の食卓では取り皿として活躍します。

●深めのプレート
21~24cm程度の深めのプレートは、パスタやカレー、汁気多いメイン料理など、実は結構活躍の場が多いアイテム。大小2種類のプレートの数とあわせて揃えておくと便利です。大きめサイズのプレートをアンダープレートとして下に敷けばちょっぴりフォーマルな演出も可能です。

 

 

●ボウル
サラダやスープ、ヨーグルトやフルーツなどには、メインのお料理に添えて使いやすい、13cm程度のボウルが程よく便利です。

●マグ
一般的なカップより大きめのマグは、ドリップコーヒーやカフェオレ、スープなど、たっぷり召し上がるときにおすすめです。カップ&ソーサーよりもカジュアルに日々の食卓で使いやすく、お茶碗やお箸のように、家族それぞれお気に入りの色柄を選んでたのしんでいただけるのも魅力です。

 

 

色々と種類が豊富ね。

 

 

 

洋食器の注意点

●電子レンジ対応
金銀装飾の施された食器は、電子レンジにはご使用いただけません。

食器を傷つけるばかりでなく、機器の故障や火災などにもつながるため、注意しておきたいポイントです。ノリタケでは金銀装飾を施さない白い食器や色仕上げの食器を多くご用意していますので、日常食器にはこうしたシリーズからお選びいただくことをおすすめします。

●食洗機対応
食洗機での洗浄は便利な反面、性質上ハゲたり傷がついたりしやすいという点があることも気を付けておきましょう。特に金銀装飾部分はやわらかいため摩耗しやすく、毎日食洗機で洗浄する場合は白い食器や絵柄が摩耗しにくい絵付け方法のシリーズからお選びいただくと長く美しいままお使いいただけます。

 

●スタッキング
収納を考えると、積み重ねた時の安定性「スタッキング」もチェックしたいポイントです。適度な強度を持ちながら薄手に作られたシリーズや入れ子式に設計されているシリーズはスタッキング性にもすぐれ、重ねた時にコンパクトになるのでおすすめです。

●厚みが左右する重さと強度、保温性
適度な強度を持ちながら薄手に作られたシリーズはその分1枚の重さが軽くなります。重ねてみるとその違いがわかります。一方であえて厚手に作られたシリーズはより強度が増し、保温性も高くなります。こうしたそれぞれの特徴をふまえて、用途や好み、ライフスタイルにあわせたアイテムをうまくチョイスしてください。

 

裏面の裏印

NORITAKEと言っても色々な種類があります。

ランプのマーク・N・貝殻・・・面白いですよね♪

メーカー・種類のロゴ・数字・種類となっているようです。

 

 

 

同じ種類を集めてみてはいかがでしょうか?

もう手に入らない商品もあるはずです!

お気に入りの ノリタケ を探してみてください!(セール中の商品もあるかもです。)

 

早速、チェックしてみようかしら。

家にあったかもしれないから、売りに行こう。

食器類の売るときのポイントは箱入りかどうかです。

箱があれば買取可能です。なければ、安くしか買い取れないor買い取れない場合もあります。状態によりますので、ご了承ください。

 

そうなのね。

なるほど、よく見てから持ってこよう。

タイトルとURLをコピーしました