大解剖!家庭用プリンター 掃除方法 チェック方法 どうすれば高く売れる? 日頃のメンテまで

プリンターでお困り事はありませんか?

まずは、インクの種類

過去のブログより、インクの種類です。

 

http://angelux-saga.com/archives/1507

 

インクの種類は、わかりましたか?

 

 

全然知らなかったわ。

 

互換インクと純正インクのメリットとデメリットまとめ

 

互換インクて聞いた事ありますか?

 

 

よく聞きますね。価格が安いとか・・・

 

 

そうですね。それもありますね。詳しく説明しましょう!

 

互換インクとは、エプソン・キヤノン・ブラザー・hpといったプリンターメーカーが製造している純正品ではなくて、互換性のあるサードパーティー製(非純正のオリジナル)のインクのこと。 純正インクとは別物ですが、 プリンターに合うように独自に作られてる”新品”のインクカートリッジを「互換インク」と呼びます。

 

“新品”以外にもインクがあるのかと言う事だけども、 他にも「リサイクルインク」って呼ばれる純正カートリッジを回収してインクを再充填して再販売する物や、使用済みインクカートリッジに自分でインクを詰め替える 「詰め替えインク」なんてものもありますよ。

 

へぇー色々あるんだね。

 

互換インクと純正インクのメリットとデメリットまとめ

 

 

メリット デメリット
純正品
  • メーカーブランドの安心感。
  • トラブル時、メーカー保障期間内なら無償修理対応が可能。
  • 単価が高い。
  • コストパフォーマンスが悪いため、気軽に印刷できない。
  • ユーザに過失があった場合は、無償修理期間でも有償修理になる可能性がある。
互換インク
  • 単価が安いのでコストパフォーマンスに優れている。
  • メーカーにもよるが、純正品と印刷品質も同等並みの互換品もある。
  • オリジナルカートリッジなので、純正品より容量が多いインクもある。
  • 互換インクメーカーのインクカートリッジによって品質に差がある(耐光性・耐水性・色の違い・劣化等)。
  • トラブル時、メーカー保障期間内でも無償修理を断られる可能性が高い。

 

純正インクとの大きな違いは、価格の違い、メーカー保障の有無です。

純正メーカーの場合、メーカーでの開発費・トラブル時保障とブランドの安心力があるため、値段が高いと考えられています。

逆に、互換インク・リサイクルインク・詰め替えインクは純正メーカー品ではないため、各互換インクメーカーによって品質に差はあるものの、価格は比較して安価になります。

安い方が良いわねーー。

ポイント

 

可能性としては非常に低いですが、互換インクを使っている途中で、万が一プリンターが故障した場合、メーカーの無償修理対象外になってしまう可能性が高いため、その点を踏まえた上で使用を検討すべきです。

1つ言えることとしては、純正カートリッジ全色を数回交換すると場合によってはプリンター1台買えてしまう程インクコストに差がでてきてしまいます。

 

どちらもリスクがあるんじゃね。

 

メンテナンスについて・・・

 

よく、インクがかすれてしまったり。印刷に線が入ったりしませんか?

ありますね。長くつかっていると、そろそろ替え時なのかと思います。

ほとんどの方がそう思われますね。やり方がわからないし、修理に出さなければなおらないと思っていらっしゃいます。

 

叩いたらなおるんじゃないかい・・・

・・・。

 

 

詳しく解説してみましょう。

1.ノズルチェックをする。

0425_07

 

上が正常です。下がかすれて印刷される状態です。

こんな機能あったの?

どのプリンターにもこの機能はありますよ。

 

2.ヘッドクリーニング(強力ヘッドクリーニング)をする。

 

これも、どのプリンターにもあります。

どんな機能なんですか?

 

まず、ヘッドクリーニングを数回行い、再度ノズルチェックパターンを出力しましょう。

強力ヘッドクリーニングは、インクを多く消費しますのでご注意ください。

それでもきれいにラインが回復しない時は、電源を切り6時間以上放置してから、再度ノズルチェックとパターン印刷をします。

長期プリンターを使用しない時も月に1,2回はヘッドクリーニングを行い内部のインクが固まって詰まらないように気を付けましょう。

 

汚れを落としてくれるんですね。長期使用しない場合も注意ですね。

3.それでも改善されない場合1

 

カートリッジの基盤やICチップの汚れにより、かすれが生じることもありますので、基盤やicチップを、柔らかいティッシュなどを濡らして、優しく傷つけないようにふき取ります。基盤やicチップに傷があれば、カートリッジを交換します。

 

 

4.それでも改善されない場合2 (自己責任でお願い致します。)

・洗浄カートリッジを使用して効率アップ。

洗浄カートリッジとは、インクカートリッジにインクの代わりに洗浄液を入れたものです。インクカートリッジと同様にプリンターにセットして、ヘッドクリーニングを実行するだけで、インクを無駄にせずに効率的にインクの目詰まりを解消できます。

 

裏 技  洗浄カートリッジを使用しない方法

  1. インクのカートリッジを全て外す。
  2. プリンターヘッドを外し、綺麗にする。
  3. その際に、除光液を使う。インクが出る部分に。
  4. 数回繰り返し、インクが出るかを確かめる。

※ポイント※ 

除光液を使うのは、固まった液体を溶かすのです。綿棒などで丁寧に掃除します。

インクが付くので、新聞紙をひいてから作業しましょう。

 

どうでしょうか?色々な方法があります。

 

内そうですね。やってみるものですね。

壊れても良い覚悟で、ここまでしたら良いね。

 

店頭で売っている商品もインク切れの場合は、この方法を試してみましょう。

どうすれば高く売れる?

 

  1. 年式(製造の年式が古いと買取りができません。2年前が目安です。)
  2. 備品が揃っているか?(箱・ケーブル・取説・CDなど)
  3. インクが入っているか?(インクがないと動作チェックができません。)
  4. 外観の状態・スキャナなどの傷がないか?

 

上記の事をチェックしてください。

 

チェックしてみよう。

 

店頭では、格安で販売している商品もありますので、メンテをできる方は、チャレンジしてみてください。(壊れている商品は、買取りができませんのでご了承ください。)

 

 

タイトルとURLをコピーしました